So-net presents
演劇集団キャラメルボックス 2002 クリスマスツアー

『裏切り御免!』

演出 成井豊+真柴あずき

神戸公演
11月6日(水)〜11月18日(月)
新神戸オリエンタル劇場

東京公演
11月23日(祝)〜12月25日(水)
サンシャイン劇場


◆ 空席情報 ◆ 平日限定インターネット予約 ◆
神戸公演アンケート東京公演アンケート
スカイパーフェクTV!プレゼンツ
『裏切り御免!』クローズド・サーキットin OSAKA

司会(予定):成井豊、藤岡宏美
日時:12月25日(水)14:00
場所:MIDシアター 06-6941-0941
地下鉄長堀鶴見緑地線「おおさかビジネスパーク」駅より徒歩1分
JR 「京橋」駅、「大阪城公園」駅より徒歩7分
「京阪京橋」駅より徒歩7分
料金:整理番号付自由席(税込)2,500円
前売開始:11月11日(月)12:00〜
受付電話番号:03-5386-0220(演劇集団キャラメルボックス)


東京公演 2002年11月6日(水)〜11月18日(月)
新神戸オリエンタル劇場 078-291-1100
<新幹線「新神戸」駅前/地下鉄「新神戸」駅上>
全席指定(税込)S席(1F・2F)4,800円/A席(3F)3,800円
一般前売開始 10月6日(日)

主催■読売テレビ
協賛■ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社
協力■新神戸オリエンタル劇場


11/
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
 
14:00
R
R
R
G
G
19:00
R
R
G
G
G
G
R
R
R
G

R: REDキャスト G:GREENキャスト R:託児サービス実施ステージ
※開場は開演の1時間前です。
※小学生未満のお子さまのご入場はご遠慮ください。

■託児サービス
小学生以下のお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。お子さまお一人につき 、託児料の一部として4,000円をご負担ください。 お申し込み◆(有)マザーズ 03-3294-1544(受付時間:月〜金曜 10:00〜17:00)各公演日の一週間前まで受け付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます


東京公演 2002年11月23日(祝)〜12月25日(水)
サンシャイン劇場 03-3987-5281 <池袋サンシャインシティ文化会館4F>
全席指定(税込)4,800円
一般前売開始 10月20日(日)

協賛■ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社
協力■サンシャインシティ


11/
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
 
14:00
G
G
R
R
R
G
G
G
19:00
R
R
G
G
G
G
R
R
R
R
G
G
19:30
G
R

12/
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
 
14:00
R
R
R
G
R
G
R
19:00
G
G
R
R
R
G
19:30
G

R: REDキャスト G:GREENキャスト R・G:託児サービス実施ステージ
※開場は開演の1時間前です。
※小学生未満のお子さまのご入場はご遠慮ください。
※12月11日(水)14:00/19:30の回はビデオ撮影が行われます。舞台及び、客席を撮影いたします。

■託児サービス
小学生以下のお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。お子さまお一人につき 、託児料の一部として4,000円をご負担ください。 お申し込み◆(有)マザーズ 03-3294-1544(受付時間:月〜金曜 10:00〜17:00)各公演日の一週間前まで受け付けますが、定員になり次第締め切らせていただきます


出演(予定)

岡田達也 細見大輔 大内厚雄
坂口理恵 岡田さつき 西川浩幸
大森美紀子 菅野良一 前田綾
畑中智行 三浦剛

REDキャスト 温井摩耶 岡内美喜子 佐藤仁志
GREENキャスト 小川江利子 實川貴美子 筒井俊作


スポーツと名の付くものは、すべて苦手な私ですが、見るのは大好きです。
たとえばバスケット。何年か前、真冬の代々木体育館で見た、能代工業チームは忘れられません。
視線とまったく違う方向に出すパスが、見事にシュートへつながった時。パスを出す選手の技術よりも、
受け取る選手への信頼や、そこに至るまでの練習量を考えただけで、泣けてきました。
たとえばラグビー。十年以上前、これも真冬の秩父宮ラグビー場で見た、早稲田大学チームが浮かびます。
天才と呼ばれた選手が、ベンチに入れなかった選手たちの名札を身に付けていたと後で知り、胸が震えました。
その思いがあったから、全力で戦えたと彼が言ったのを聞いて。

今回は、真冬の時代劇です。舞台はもちろん幕末。
「もちろん」と書いたのは、この時代が大好きだから。
たとえば、嘉永6年のペリー来航から明治2年の五稜郭陥落まで、たった16年。
キャラメルボックスの旗揚げ公演から、今年で16年目。
私は吉田松陰が、土方歳三が、坂本竜馬が死んだ時より年上になりました。
彼らについて知る度に、「しっかりしろ」と言われているような気がします。
恐らく彼らは、自分のことなど考えていなかったと思うのです。
守りたい何かがあったから、命懸けで生きたのではないかと。
それは幕府だったり、日本だったり、もしかしたら、たった一人の友だったのかもしれません。
幕末だろうが現代だろうが、一人にできることはたかが知れている。でも、まずは走り出さなければ。
自分のためではなく、自分以外の誰かのために。
スポーツ選手でも、幕末の志士でもない私にも、きっと何かができるはずです。

真柴あずき



photo: Takashi Yamawaki