トップページ

キャラメルボックス2014サマーツアー『TRUTH』

キャラメルボックス史上最強の時代劇、9年の時を経てついに復活。名もなき武士たちが追い求めた、それぞれのTRUTH 男たちの強く熱い思いが交差する。

公演情報

チケット購入はこちらから

INTRODUCTION

『TRUTH』の初演は1999年。「キャラメルボックス初の悲劇」と銘打って、壮絶な物語に挑戦しました。結果は、自分たちもビックリするほどの大好評。2005年の再演も同様でした。それから、9年。キャストを一新して、再びこの作品に立ち向かいます。幕末という時代はたくさんの英雄を輩出しましたが、この作品で出てくるのはみんな無名の若者たち。しかし、彼らは彼らなりに、自分のTRUTHを求めて戦います。真っ直ぐな男たちの戦い、ぜひその目で見届けてください。成井豊

STORY

慶応4年(1868年)1月、上田藩士・野村弦次郎は、京から2年ぶりに江戸の藩邸へ帰ってきた。同じ道場に通う仲間たちに、鳥羽伏見の戦いを報告する。そして、もはや幕府の命運は尽きた、我が上田藩も倒幕のために立ち上がるべきだと訴える。ある日、弦次郎と仲間たちは、五味隼助が改造した銃の試し撃ちをするため、浜辺に行く。ところが、その銃が弾詰まりを起こし、弦次郎の耳元で暴発してしまう。聴力を失った弦次郎に、帰国の命が下される。しかし、弦次郎にはやらなければならない仕事が残っていた……。

CAST

武田浩二(アクションクラブ)
1999年以降、劇団☆新感線のほぼ全作品に参加。アクションの実力は折り紙付きである。キャラメルボックスへの出演は2006年『俺たちは志士じゃない』以来となるが、昨年上演した『隠し剣鬼ノ爪』『盲目剣谺返し』では殺陣をつけていただくなど、繋がりが深い。

STAFF

STAGE STAFF

美術/伊藤保恵 照明/黒尾芳昭 音響/大久保友紀
殺陣/武田浩二(アクションクラブ) 衣裳/三大寺志保美
ヘアメイク/武井優子 かつら/太陽かつら
小道具/髙庄優子 舞台監督/村岡晋

PRODUCE STAFF

製作総指揮/加藤昌史 プロデューサー/仲村和生

宣伝美術/柳沼博雅<GOAT> 宣伝写真/平田光二<アポロ創研>
宣伝衣裳/三大寺志保美 宣伝ヘアメイク/武井優子
宣伝かつら/太陽かつら 宣伝デザイン/米澤潤 吉田航<SMC>
舞台写真/伊東和則

企画・製作/ネビュラプロジェクト