雨と夢のあとに 演劇集団キャラメルボックス
2006クリスマスツアー
『少年ラヂオ』

脚本 成井豊+隈部雅則
演出 成井豊+白井直

◆福岡公演◆
11月2日(木)〜5日(日) /西鉄ホール
主催 TNCテレビ西日本
提携 西鉄ホール(西鉄ムーブ90)
協賛 ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社
制作協力 ピクニック
料金〈全席指定・税込〉5,500円
前売開始 9月17日(日)

詳細情報

◆神戸公演◆
11月10日(金)〜20日(月) /新神戸オリエンタル劇場
主催 讀賣テレビ
協賛 ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社
協力 新神戸オリエンタル劇場
料金〈全席指定・税込〉S指定席(1・2階)5,500円 A指定席(3階)4,500円
前売開始 10月1日(日)

詳細情報

◆東京公演◆
11月25日(土)〜12月25日(月) /サンシャイン劇場
主催 日本テレビ
協賛 ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社
協力 Sunshine City
料金〈全席指定・税込〉 5,500円
前売開始 10月15日(日)10:00

詳細情報


■CAST
岡田達也
大内厚雄
菅野良一
坂口理恵
岡田さつき
岡内美喜子
畑中智行
温井摩耶
三浦剛
左東広之
青山千洋
實川貴美子

RED
阿部丈二
阿部祐介
渡邊安理

GREEN
多田直人
小多田直樹
小林千恵


    そして、淋しさを乗り切った。 成井豊

大正14年3月22日、東京放送局がラジオ放送を開始した。
第一声は局の常務理事の挨拶で、
「JOAK、こちらは東京放送局であります」
それから51年後、一人の少年がラジオを買った。
僕だ。
中学に入って、クラスメイトからロックなるものの存在を聞き、
小遣いを貯めて、近所の電気屋へ走った。
ソニーのスカイセンサー5900。
当時はBCL(海外短波放送)のブームが始まったばかり。
ワライカワセミの鳴き声で始まる、
ラジオ・オーストラリアの日本語放送が聞きたくて、
必死でダイヤルを回し続けた。
いや、カッコつけるのはやめよう。
BCLに興味を持ったのは、ほんの一瞬。
僕が夢中になったのは「欽ちゃんのドンといってみよう!」や、
「セイ!ヤング」や数々の電リク。
サイモンとガーファンクル、オリビア・ニュートン・ジョン、
イーグルス、ポール・マッカートニーとウィングス……。
中学時代の一番の親友は、クラスメイトでも本でもなく、
ラジオだった。
頭の中は不安や悩みでいっぱいなのに、誰にも打ち明けられず、
たぶん淋しかったと思うが、自分ではそのことに気づかず、
ただひたすら、ラジオを聞いた。
そして、淋しさを乗り切った。
大好きだったラジオ。
僕は間違いなく、励まされていたのだ。ラジオに。
(ところで、ラジオ放送が開始した大正14年の1月、
新青年増刊に、『D坂の殺人事件』という小説が掲載された。
ラジオと明智小五郎は同い年なのだ。当年取って、83歳)

2006年11月 赤:Redキャスト
緑: Greenキャスト
☆: 託児サービス
SUN
MON
TUE
WED
THU
FRI
SAT
1
福岡 2
3
4
19:00 14:00 14:00
19:00
5
6
7
8
9
神戸 10
11
14:00 19:00 14:00
19:00
12
13
14
15
16
17
18
14:00 休演日 19:00 14:00
19:00
19:00 19:00 14:00
19:00
19
20
21
22
23
24
東京 25
14:00 14:00 14:00
19:00
26
27
28
29
30
14:00 休演日 19:30 14:00 19:30
2006年12月 赤:Redキャスト
緑: Greenキャスト
☆: 託児サービス
SUN
MON
TUE
WED
THU
FRI
SAT
1
2
19:00 14:00
19:00
3
4
5
6
7
8
9
14:00 休演日 19:30 14:00
19:00
19:30 19:00 14:00
19:00
10
11
12
13
14
15
16
14:00 休演日 19:30 14:00 19:30 19:00 14:00
19:00
17
18
19
20
21
22
23
14:00 休演日 19:30 14:00
19:00
19:30 19:00 14:00
19:00
24
25
26
27
28
29
30/31
14:00 14:00

photo: 岸圭子