トップページ

プレスリリース

流星ワゴン|キャラメルボックス 2011クリスマスツアー

チケット予約

直木賞作家・重松清のベストセラー小説、「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作を舞台化!!

【東京公演・タイムテーブル】

12月345678910111213141516171819202122232425
 
14:00

     

     

   
19:00                      
19:30                            

流星ワゴン|キャラメルボックス 2011クリスマスツアー

キャスト

イントロダクション

『流星ワゴン』は2002年に出版された、重松清さんのベストセラー小説。重松さんはリアルな家族ものに定評のある作家ですが、この小説は珍しくファンタジーで、幽霊も出てくればタイムトラベルもする。『きよしこ』や『きみの友だち』も感動的だけど、僕が今までで一番泣いたのは、この『流星ワゴン』でした。だから、舞台化できて、本当にうれしい!この小説のテーマはずばり、「再生」。今、この国に必要なのは、「もう一度やり直そう」という意志だと思います。2011年の締めくくりに、私たちキャラメルボックスは「再生」の物語をお届けします。

成井豊

ストーリー

ストーリー|流星ワゴン−キャラメルボックス 2011クリスマスツアー

38歳の秋。永田一雄は「死んじゃってもいいかなあ」と思っていた。会社はリストラ、妻は離婚を迫り、息子は家庭内暴力の上に引きこもり。おまけに、故郷の父は末期癌で死にかけている。一雄には、もはや夢も希望もなかった。父の見舞いの帰り、最終電車を降りると、駅前のロータリーに、赤のオデッセイが停まっていた。乗っていたのは、橋本義明と健太の親子。二人は5年前に事故で亡くなっていた。オデッセイは一雄を乗せて、彼の過去へと向かう。人生の分岐点を、もう一度やり直すために。

「流星ワゴン」とは

流星ワゴン『流星ワゴン』重松清(講談社文庫刊)730円(税込)2002年度「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた長編小説。

重松清(しげまつ きよし)
1963年、岡山県生まれ。
出版社勤務を経て執筆活動に入り、1991年『ビフォア・ラン』でデビュー。1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞を受賞。リアルな家族ものに定評があり、話題作を次々に発表する一方で、ノンフィクション、書評、対談などライターとしても活躍している。
主な著作
『定年ゴジラ』『隣人』『小さき者へ』『きよしこ』『疾走』『卒業』『その日のまえに』『きみの友だち』『カシオペアの丘で』『青い鳥』『かあちゃん』『ポニーテール』ほか多数。
最新刊は『峠うどん物語(上・下)』(講談社)。上巻は8月18日発売、下巻は9月1日発売予定。
キャラメルボックスと重松氏との出会い
重松氏がナビゲーターとして出演したラジオ番組『マイ・ストーリー』(MBSラジオ/2006年-2007年)で、リスナーから届いた心に残るエピソード「マイ・ストーリー」を朗読したのがキャラメルボックス劇団員。この番組共演のご縁もあり、今回の『流星ワゴン』舞台化が実現した。

流星ワゴン|キャラメルボックス 2011クリスマスツアー