So-net presents
演劇集団キャラメルボックス チャレンジシアター Vol.2
『賢治島探検記』

原作 宮沢賢治
構成演出 成井豊

協賛 ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社
協力 ぴあ

東京公演
9月20日(金)〜9月30日(月)
シアターアプル

東京公演アンケート


【お知らせ】as of 9/1
前売りチケットは完売いたしました。前日予約、当日券をご利用ください。

「路上でもできる芝居を」成井豊

1995年1月、阪神淡路大震災が起きた時、
僕らはすぐに神戸に駆けつけたいと思った。
なぜなら、神戸は僕らにとって、第二の故郷だったから。
キャラメルボックスが東京以外で公演を行ったのは、
1990年12月の、神戸が初めてだった。
不安でいっぱいだった僕ら。
しかし、初日のカーテンコールの拍手は、
東京の拍手と変わらない、いや、下手をしたら、
もっと温かい拍手だった。
僕らは、これから毎年神戸に来ようと誓ったのだった。
神戸の人たちの力になりたい。
それには何をすればいいか。僕らは必死で考えた。
そして、いつも公演を行っている
新神戸オリエンタル劇場で、
過去の公演のビデオ上演会を行った。
僕らの芝居が、少しでも励ましになればと願いながら。
本当は芝居がやりたかった。
が、一本の芝居を作るにはかなりの時間がかかる。
僕らには、その時間がなかった。
ある演歌歌手は、体一つで被災地へ駆けつけ、
路上でコンサートを開いた。
その話を聞いて、僕らは激しい嫉妬を感じた。
役者の坂口理恵は言った。
「いつでもやれる芝居を用意しておきましょう。
劇場がなくても、美術や照明がなくても、できる芝居を。
路上でもできる芝居を」
『賢治島探検記』は、
この、坂口理恵の一言からスタートした。
路上でもできる芝居。
いつでも、どこへでも、出前ができる芝居。
今回は、新宿シアターアプルという
立派な劇場で上演するが、
僕らはあくまでも、「路上でできる芝居」を目標にして、
『賢治島探検記』を作ります。


出演(予定) 
 菅野良一 篠田剛 坂口理恵 
 岡田さつき 前田綾 小川江利子
 中村恵子 藤岡宏美 青山千洋
 温井摩耶 大木初枝 大浦理美恵

日替わりキャスト 
 西川浩幸、岡田達也、細見大輔
 大内厚雄 他

※都合により、予告なくキャストを変更する場合がございます。
※「日替わりキャスト」についてのお問い合わせにはお答えできません。


東京公演 2002年9月20日(金)〜9月30日(月)
シアターアプル 03-3209-0222 <「新宿」駅東口徒歩5分>
全席指定(税込)4,500円
前売開始 8月18日(日)
チケット取り扱い チケットぴあ
※今公演に限り、キャラメルボックスでの予約受付はございません。

9/
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
14:00
19:00

※開場は開演の1時間前です。
※ 9/26(木)14:00の回と19:30の回は、ビデオ撮影が行われます。