トップページ

「隠し剣鬼ノ爪」「盲目剣谺返し」

原作:藤沢周平(文春文庫『隠し剣孤影抄』『隠し剣秋風抄』所収) 脚本・演出:成井豊+真柴あずき

ハーフタイムシアター史上初となる時代劇の二本立て。時代劇の重厚さと、短編ならではの魅力。

藤沢周平の傑作短編を舞台化!!

スペシャル企画「西川浩幸のほぼ前説」 質問募集中!!
カウントダウン企画[毎日更新中]

公演情報

東京公演

2013年2月23日(土)〜3月10日(日) [サンシャイン劇場]

料金[全席指定・税込]
2作品券 8,000円
*1作品券 4,000円
前売開始
12月23日(日) 10:00

大阪公演

2013年3月14日(木)〜17日(日)  [サンケイホールブリーゼ]

料金[全席指定・税込]
2作品券  S席(1・2階2A〜2G列)8,000円  A席(2階2H〜2M列)7,000円
*1作品券 S席 4,000円 A席 3,500円
前売開始
12月23日(日)10:00

チケット予約はこちら

イントロダクション INTRODUCTION

今回のハーフタイムシアターは、なんと時代劇。藤沢周平さんの二つの短編小説を舞台化します。どちらも「隠し剣シリーズ」と呼ばれているものの中の一篇です。舞台は江戸時代、北国の小藩、海坂藩。『隠し剣鬼ノ爪』の主人公は、友と斬り合いをしなければならなくなった男。『盲目剣谺返し』の主人公は、失明した自分を支えてきてくれた妻を疑う男。二人の男は苦しみを乗り越え、自分の誇りのために戦う決意をします。二つの物語に共通するのは、覚悟。たとえ傷つくとわかっていても、それでも人は生きていかなければならない。二人の男の懸命な生き方を、どうかその目で見届けてください。  成井豊

この剣は使うな。秘剣は他人に見られたが最後、秘剣ではなくなるのだ。

ストーリー STORY

隠し剣鬼ノ爪

五月のある夜、海坂藩士・片桐宗蔵は大目付の役宅に呼びつけられ、狭間弥市郎を討てと命じられる。狭間は江戸で上役を斬り、重傷を負わせた。その場で取り押さえられた狭間は、直ちに国元へ連れ戻され、山奥の牢に押し込められた。その狭間が牢を破り、番人を人質にして、「片桐を呼べ」と要求しているという。片桐と狭間は、かつて同じ道場で剣を学ぶ友人だった。技量は狭間の方が上。ところが、道場主・小野治兵衛は秘剣・鬼ノ爪を狭間でなく、片桐に伝授した。死を覚悟した狭間は、片桐との決闘を望んでいるのだ……。

盲目剣谺返し

海坂藩士・三村新之丞は幼い頃から学問と剣術に秀(ひい)で、藩校では秀才、道場では麒麟児と呼ばれた。出仕後は藩主のお毒味役を勤めていたが、ある日、貝の毒にあたり、両目の視力を失ってしまう。自暴自棄になった新之丞を、妻・加世は献身的に支えた。半年後の九月、新之丞は加世の変化に気づく。化粧の香りが以前より濃くなったのだ。加世は月に一度、目の病に奇効があるという不動尊へ祈願に行く。その帰りも遅くなった。よその男と会っているのか?嫉妬に苦しんだ新之丞は、老僕・徳平に、加世の尾行を命じる……。

キャスト  CAST

隠し剣鬼ノ爪

  • 畑中 智行
  • 岡田 達也
  • 岡内 美喜子
  • 実川 貴美子
  • 左東 広之
  • 阿部 丈二
  • 多田 直人
  • 小多田 直樹

盲目剣谺返し

  • 大内 厚雄
  • 坂口 理恵
  • 岡田 達也
  • 菅野 良一
  • 温井 摩耶
  • 三浦 剛
  • 筒井 俊作
  • 鍛治本 大樹

ステージスタッフ  STAGE STAFF

美術:伊藤 保恵 照明:黒尾 芳昭 音響:早川 毅 殺陣:武田浩二(アクションクラブ) 衣裳:三大寺 志保美 ヘアメイク:武井  優子 小道具:高庄 優子 舞台監督:二本松 武

企画協力:株式会社藤沢周平事務所 文藝春秋

企画・制作:ネビュラプロジェクト

宣伝美術:柳沼博雅<GOAT>  宣伝写真:平田 光二<アポロ創研>

藤沢 周平® 海坂藩®

プレスリリースはこちらから