「TWO」
使用曲目リスト


選曲解説

  1. トオルがやってくる
    人:BEE GEES
    曲:YOU WIN AGAIN
    アルバムタイトル:E・S・P

  2. ダンス
    人:CROWDED HOUSE
    曲:RECURRING DREAM
    アルバムタイトル:TEQUILA SUNRISE/ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK

  3. 半年前
    人:EVERYTHING BUT THE GIRL
    曲:POLITICS ASIDE
    アルバムタイトル:WORLDWIDE

  4. 半年前のノダの訪問
    人:RALF ILLENBERGER
    曲:INNNER MOVEMENT
    アルバムタイトル:NARADA GUITAR WORKS

  5. マリのテーマ
    人:CAROLE KING
    曲:SO FAR WAY
    アルバムタイトル:TAPESTRY

  6. PAPA YOU'RE CRAZY
    人:CAROLE KING
    曲:SO FAR WAY
    アルバムタイトル:TAPESTRY

  7. ノダの訪問
    人:PET SHOP BOYS
    曲:BEING BORING
    アルバムタイトル:BEHAIVIOR

  8. トオルの決心
    人:JOHN WHELAN
    曲:CAPE FINISTERRE
    アルバムタイトル:CELTIC REFLECTIONS(NARADA)

  9. ノリオを治す
    人:PET SHOP BOYS
    曲:NERVOUSLY
    アルバムタイトル:BEHAIVIOR

  10. ありがとう
    人:PINK
    曲:HOSHI NO PICNIC
    アルバムタイトル:光の子


解説 選曲担当:加藤昌史
「レインディア・エクスプレス」に続く新作、しかも4年ぶりのハーフタイムシアター、なおかつ2本立て、ということで、いやあー苦労しました。今回の2本立ての選曲をするために聴いたCDを試しに数えてみたら、軽く1,000枚を超えていました。......ってことは、1枚に10曲入っているとして、10,000曲...?! 道理で楽しいと思いました。

まず、オープニングのBEE GEESのYOU WIN AGAIN。この曲、今井が「7年前からいつか使ってもらおうと思ってストックしてたんです」と聴かせてくれた曲。......とっとと持ってこんかいっ!! こんないい曲!!

2曲目の、ダンス曲。「サントラの曲は使わない」という僕の選曲ポリシーを曲げてでも使いたかった名曲です。どうせ公演後に質問が相次ぐと思うので書いておきますが、あの振り付けの中で手話のようなしぐさが出てきますが、あれは英語の手話だそうです。当然、天才・川崎悦子先生がつけた振り付けです。意味は「真実の兄弟、真実の友達、そして私は信じている、大切な家族を」。

そして今回は、PET SHOP BOYSの曲を、しかも同じアルバムから2曲も使ってしまいました。たまにあるんです、こういうこと。何千曲も聴いているのに、同じアルバムから出てしまう、という。もともとPET SHOP BOYSって「ダンス・ミュージック」という思いこみがあって、僕の守備範囲じゃなかったんです。ところが、結婚してみたら奥さんがCDを持っていて、聴かせてもらったら「けっこういいじゃん」ということになったわけです。

そしてラストのPINKもそうです。昨年お世話になったSPIRAL LIFEのアルバムのレコーディング・ミキサーである寺田康彦さんが10年前に手がけたミュージシャンだ、ということで名前だけは知っていたのですが、まあ、こんなにカッコイイ曲を10年前の日本人がやっていたとは、本当におそれいりました。
ちなみに、寺田さんのお仕事はものすごく広範囲にわたっていますので、試しにあなたの持っているCDのアルバムクレジットで「ミキサー」のところをチェックしてみてください。「お、これカッコイイじゃん」と思うと寺田さんだったりしますから。

さて、次の夏の公演も、2本並行上演で、しかも2本とも新作です。
音楽は......、ヒ・ミ・ツ!!


前のページに戻る
ホームページに戻る