「ハックルベリーにさよならを」
使用曲目リスト


選曲解説

  1. 開演
    人:CROSBY, STILLS, NASH&YOUNG
    曲:TEACH YOUR CHILDREN
    アルバムタイトル:DEJA VU

  2. 十年前に遡る
    人:EDDIE MONEY
    曲:LOOKING THROUGH THE EYES OF A CHILD
    アルバムタイトル:GREATEST HITS OF MONEY

  3. カオルさんとの出会い
    人:CROSBY, STILLS, NASH&YOUNG
    曲:OUR HOUSE
    アルバムタイトル:DEJA VU

  4. カオルさんのアパートへ
    CLOUD BABIES
    この曲は、音響の早川さんがDATでストックしていたため、このタイトルが曲名なのかミュージシャン名なのかさえ不明です。知っている方がいらっしゃったら、教えてください。

  5. ケンジの夢(ダンス)
    人:FLEETWOOD MAC
    曲:GO YOUR OWN WAY
    アルバムタイトル:RUMOURS

  6. カオルさんの家で
    人:b-flower
    曲:GROCERY ANDROMEDA
    アルバムタイトル:GROCERY ANDROMEDA

  7. 神田川を下る
    人:WILLIAM ELLWOOD
    曲:THE LOGIC OF LOVE
    アルバムタイトル:VISTA(NARADA)

  8. 電話がつながった
    人:WAYNE GRATZ
    曲:WIND & WILLOW
    アルバムタイトル:PANORAMA(NARADA)

  9. 時計が動き始めた
    人:NELSON
    曲:NOBODY WIS IN THE END
    アルバムタイトル:BECAUSE THEY CAN


解説 選曲担当:加藤昌史

1991年にシアターモリエールで初演したこの作品。あれからもう5年も経っているので、この芝居の骨格を成しているとも言えるNARADAレーベルの御大WILLIAM ELLWOOD様の"THE LOGIC OF LOVE"以外の全曲を入れ換える覚悟で臨んだ今回の再演でした。しかし、稽古でオープニングのEDDIE MONEYの"LOOKING THROUGH THE EYES OF A CHILD"をかけたら、その頃からずっとお手伝いをしてくれた制作部の女の子が懐かしさのあまり泣いてしまったので、やむを得ず残すことにしました。だから、芝居のカラーにはちょっと合っていないかもしれませんが、ご容赦ください(?!)。

「TWO」の方が、どちらかというと現在のキャラメルボックスの方向性で、こちらは5年前のテイストを残しつつ「スタンド・バイ・ミー」のイメージで、ということを成井さんに言われていたので、30代の人が聴いたら「ウッ」とくる曲が並んでしまいました。

特に、ダンスシーンのFLEETWOOD MACのGO YOUR OWN WAYは、僕が高校時代にヒットした曲で、もー大好きだった曲。武道館の来日公演にも行ったくらいです。今はソロでカッコイイ曲を出しているスティーヴィー・ニクスがヴォーカルの時代です。間奏のリンジー・バッキンガムのギターソロも、早弾きなんかしないところがカッコイイですよね。......と、個人的な思い入れで使ってみたら、音響の早川さんに「この曲、フォレスト・ガンプでかかってたよ」と指摘されてしまいました。「サントラの曲はキャラメルでは使わない」という僕のポリシーはあったのですが、ガンプでかかったから今回使ったわけじゃないのでそのままGOしてしまいました。

そして、エンディングの曲がNELSON。初演の時、違う曲を使っていてすごく好評だったんですが、僕はあえて今回は「こっちが正解」というつもりで用意しました。『また逢おうと竜馬は言った』みたいになっちゃいましたが、それがキャラメルボックスなんでいいと思っていますが、いかがでしたでしょうか。

さて、次の夏の公演も、2本並行上演で、しかも2本とも新作です。
音楽は......、乞うご期待!!


前のページに戻る
ホームページに戻る