成井豊の世界名作劇場
『シラノ・ド・ベルジュラック』
作  エドモン・ロスタン
翻訳 渡辺守章『シラノ・ド・ベルジュラック』(光文社古典新訳文庫刊)
演出 成井豊

■東京公演
9月29日(水)〜10月10日(日) 俳優座劇場
料金<全席指定・税込> 5,000円
前売開始 8月1日(日) 10:00


平成22年度文化庁芸術団体人材育成支援事業
主催 社団法人日本劇団協議会
    次世代を担う演劇人育成公演(東京公演)


■神戸公演
10月14日(木)〜17日(日) 新神戸オリエンタル劇場
料金<全席指定・税込> S席(1・2階) 5,000円 A席(3階) 4,000円
前売開始 8月1日(日) 10:00


■CAST

阿部丈二
多田直人
岡内美喜子
畑中智行
石原善暢
左東広之
小林千恵
小多田直樹
鍛治本大樹
稲野杏那
林貴子
森めぐみ

阿部哲子

 


■チケットぴあ・公演特集サイト


■STORY

1640年のパリ。ガスコン青年隊のシラノ・ド・ベルジュラックは、剣士であると同時に詩人でもあり理学者でもある、男の中の男。ただ一つの欠点は、生まれながらの巨大な鼻で、従妹のロクサーヌに恋い焦がれながらも、自分のような醜い男が愛されるわけないと諦めている。ある日、青年隊にクリスチャンという男が入隊してくる。クリスチャンはロクサーヌに一目惚れして、シラノに仲介を頼んでくる。シラノは恋文の代筆を引き受け、ロクサーヌに寄せる熱い想いを、思う存分書き殴る。そして……。



『シラノ・ド・ベルジュラック』は1897年にパリで初演されて以来、世界中で愛されてきた傑作戯曲。僕は1990年にフランスで映画化されたものを見て、大感動! いつかはキャラメルボックスで上演したいと願い続けてきました。今回は、元日本テレビ・アナウンサーの阿部哲子さんをゲストにお迎えして、ついにこの作品に挑戦します。世の中には星の数ほどラブストーリーがありますが、この『シラノ・ド・ベルジュラック』こそがナンバーワン! シラノの熱い想いを、ぜひ見届けに来てください。

成井豊



photo:鈴木裕介
詳細情報トップ チケット アンケート CM/動画  プレスリリース 神戸詳細 東京詳細