開演直前スペシャル
『ブラック・フラッグ・ブルーズ』
通し稽古レポート!!


月5日(金)、初日を来週に控えての2度目の通し稽古が行われた。実は稽古を覗かせてもらうのはこれで2度目。はじめて稽古を観たときは(レインディア・エクスプレスだった記憶がある)あまりの迫力にデジカメのシャッターがまったく押せなかったので、取材にならなかったのです。

 

度こそはきちんと取材するぞ、と息巻く。スタッフと同列に陣取り、愛用のCyber-shotを片手に稽古のはじまりを待っていた。Cyber-shotはバッテリがあまりもたないので、予備もちゃんと用意してある……とりあえず、テストに2枚とってみた。どうやら、舞台のデザインのようだ……。奥から、おなじみの加藤さん(選曲五郎に変身中)、成井さん、津田匠子さん、照明プランの黒尾さん、音響の早川さん、私のとなりにいた舞台監督の矢島さんは手前すぎて写ってませんでした。一番手前にある脚本は、矢島さんのです。そして、なんと私の後ろにきだつよしさんがいたのです!! ごめんなさい、きださん。私の大きな背中が前にあっては、稽古がとても観にくかったことでしょう。


井さんの合図で、どうやら舞台は暗転中らしい。音楽がガンガンになりはじめる。SFチックな衣裳に身を固める役者のみなさん。
これはダンスシーンの様子、何やらひさしぶりに動きの速いダンスだ。どうも最近の公演のダンスはスローな動きばかりだったから、なんか新鮮だぞ!

 

 


台は宇宙船内。この3人はまだパイロット候補生で、この航海が合否をかねたテストになっている様子。

はダッチこと篠田さん、このメンバの平均年令を押し上げています。後ろの白い衣裳の人は大森さんだ。大森さんは、なんと宇宙船の役なのだ!そーいやあ、加藤さんイチオシの小林愛ちゃん(TEAM 発砲・B・ZIN)と、私は初対面。小さい身体のわりに声が大きい。右側の男性は平野くんじさん(TEAM 発砲・B・ZIN)、なんか凛々しい雰囲気。ヒーロー番組だったら「○○レッド」(いわゆるリーダーね)なんじゃないかなあ。

  


まだ続きを見るぞ!