キャラメルボックス・ニュースリリース

1998年8月27日

株式会社ネビュラプロジェクト
演劇集団キャラメルボックス

キャラメルボックス・クリスマスツアー
アコースティックシアターVol.5

『マイ・ベル』に田嶋ミラノ(元・惑星ピスタチオ、平和堂ミラノ)出演決定!!


写真:『俺たちは志士じゃない(初演)』美咲 役


演劇集団キャラメルボックスのプロデュースなど、演劇界を中心とする活躍で業界から注目を浴びている株式会社ネビュラプロジェクト(代表取締役:加藤昌史、本社:東京都新宿区、資本金:??円、借金:??円)は、本日、劇団・惑星ピスタチオを先日退団した主演女優・平和堂ミラノさんが、退団後の最初の舞台として、キャラメルボックスのクリスマス公演『マイ・ベル』に出演することを発表いたしました。
また、同時に芸名も「平和堂ミラノ」から「田嶋ミラノ」に改名して、心機一転、再出発を迎えることを決定いたしました。

もともとミラノさんは、1992年の『カレッジ・オブ・ザ・ウィンド』神戸公演以来、すべてのキャラメルボックスの公演を観に来てくださっている、というほどの演劇界には珍しい(?)キャラメル好き。

その後、1994年春の惑星ピスタチオ公演『破壊ランナー』を観たプロデューサー・加藤昌史が、「アナザーフェイス」公演を提案。秋には「キャラメルボックスfeaturing 惑星ピスタチオ『俺たちは志士じゃない』」を上演。その公演に、ミラノさんも出演してくださいました。

そして、今夏、自作品『大切なバカンス』への出演を最後に惑星ピスタチオを退団。その理由を「『大切なバカンス』で、私が惑星ピスタチオでやりたかったことを全てやり終えてしまったから」と語っています。

しかし、その後の動向が全く決っていないままの退団だったため、「このまま作家・女優をやめてしまうのは演劇界の損失だ」と惑星ピスタチオそのもののファンでもある加藤氏が説得。成井豊、真柴あずきと相談して、ほとんどキャストが決まっていたクリスマス公演『マイ・ベル』に、急遽、出演することが決定いたしました。

ミラノさんの『マイ・ベル』への出演の決意などを語った対談が、9月末発行のCARAMELBOX PRESS次号に掲載される予定です。詳しくはCARAMELBOX PRESSをご覧ください。


マイ・ベルのページに戻る