■CAST(予定)

渡邊安理

細見大輔

西川浩幸
温井摩耶
三浦剛

石原善暢

阿部丈二

小林千恵

■GUEST

久松信美
土屋裕一(*pnish*)
 
【ストーリー】

声優志望のユーリは、テレビアニメのオーディションで見事、合格! その顔合わせで、作曲家の波多野、その姉の雪絵と出会う。波多野は、雪絵に乱暴をしようとした俳優・高杉に対し、「やめろ!」と叫ぶ。その時、ユーリの耳には、もう一つの声が聞こえた。「死んでしまえ!」という声が。翌日、高杉は行方不明になる。まさか、本当に死んでしまったのか……。その夜、波多野から電話がかかってくる。イルカのペンダントを拾ったので、取りに来てくれと。それは、元・家庭教師の幸吉にもらったものだった……。


『嵐になるまで待って』は、僕の小説『あたしの嫌いな私の声』を舞台化したもので、今回が4回目の上演になります。僕がこの芝居にこだわるのは、劇中で手話を使用するからです。手話は、手だけを使って話す言葉だと思われがちですが、実際は顔も首も、いやそれ以上に、心を使います。心を開いて、自分の気持ちを全身で表現する、きわめて演劇的な言葉です。そして、何よりも、美しい。今回も、参加するキャスト・スタッフ全員で手話に取り組むつもりです。ゲストとして、土屋裕一さんと久松信美さんをお招きました。お二人にも、当然、手話に挑戦していただきます。もちろん、僕も頑張りますよ。

成井豊

photo:タカノリュウダイ
詳細情報トップ チケット  アンケート CM/動画  プレスリリース 東京詳細 福岡詳細 大阪詳細 成井豊