トップページ

アルジャーノンに花束を|キャラメルボックス 2012サマーツアー

チケット予約

INTRODUCTION

INTRODUCTION

『アルジャーノンに花束を』はアメリカのSF作家ダニエル・キイスの代表作で、まずは1959年に中編として書かれ、ヒューゴー賞を受賞、1966年に長編化され、今度はネビュラ賞を受賞した、まさに歴史に残る傑作です。もしも人間の知能が外科手術によって向上したら……。非常にシリアスなテーマですが、キャラメルボックスではこれを、一人の若者の愛と冒険の物語として舞台化したいと思っています。今回は主人公のチャーリイ・ゴードンと、彼が通う知的障害成人センターの教師アリス・キニアンを、二つのチームが交替で演じます。イグニスとアクア、できればどっちも見てほしい!

脚本・演出 成井豊

STORY

STORY

パン屋で働くチャーリイ・ゴードンは、今年で32歳になるが、幼児なみの知能しかない。が、心の底から賢くなりたいと思っていて、知的障害成人センターに通い、読み書きや計算を習っている。ある日、チャーリイはビークマン大学へ行き、心理学のテストを受ける。そのテストに合格すれば、頭がよくなる手術が受けられる。実験室にいたハツカネズミのアルジャーノンは、その手術のおかげで、複雑な迷路をあっという間に通り抜けられるようになった。僕もアルジャーノンみたいに賢くなりたい! テストの結果は合格。チャーリイは手術を受けることになるが……。

CAST

一部ダブルキャスト

イグニス
阿部 丈二
岡内 美喜子
アクア
多田 直人
渡邊 安理

CAST

STAGE STAFF

美術:奥村泰彦 照明:松本大介 音響:早川毅 振付:川崎悦子<BEATNIK STUDIO>
スタイリスト:黒羽あや子 ヘアメイク:武井優子 舞台監督:矢島健<太郎屋>

協力:早川書房 ソネットエンタテインメント
企画・製作:ネビュラプロジェクト

プレスリリースはこちらから