演劇集団キャラメルボックス製作総指揮 加藤昌史

3月11日(金)の「東北地方太平洋沖地震」により、僕らの心の支えである宮澤賢治さんが大切にした岩手県、そして東京公演にいつも足を運んでくださるお客さまがたくさんいらっしゃる福島県、茨城県、千葉県などで、僕が49年間生きてきた中でも見たことがないとてつもない災害が起きました。僕は製作総指揮判断でこの日のステージの公演中止を決定いたしました。

その後、太平洋沿岸の津波被害の大きさが刻一刻とわかってきて、なおかつ翌日も都内の交通機関が通常通りに復旧する可能性が無いであろうということで、12日(土)14:00・19:00、 13日(日)14:00の3ステージも、ネットでの告知だけで一方的に中止させていただいてしまいました。

土曜日と日曜日に関しては、当社社員にも帰宅命令を出したため(その理由はその日のブログにて)、ル テアトル銀座には劇場スタッフも劇団スタッフもおりませんでした。それらの情報を知らずに、 なんとかして劇場までお越しいただいた方がいらっしゃるかと思うと胸が痛みましたが、申し訳ありません、この判断は、お客さまと劇団員と社員を守るために、その時点で僕が思いついた最善のものでした。

そういった、製作総指揮である私の判断による、「この日しか見られなかったのに」という お客さまの意志を切り捨てるような公演中止であったため、この4ステージのチケットをお持ちだったのに 『夏への扉』をご覧いただけなかった皆さんには、なんとかしてチケット代をお返ししたい、と考えております。

加えて、13日(日)に突然発表された「計画停電」。
これまた49年間生きてきて経験のないことでした。
完全に非常事態です。そんな中、僕は火曜日からの公演再開を決めました。
しかし、この「計画停電」が、たくさんの人たちの不安を増長いたしました。

なおかつ、17日(木)の夕方、突然「大規模停電の可能性がある」との発表があり、大企業の方々は「早期退社、自宅待機」という指令を受けたとのこと。 おそらく、かなりの方が「こんな状態ならキャラメルボックスは中止するだろう」と判断されたと思うのですが、 僕は上演決行を選択しました。
その根拠は、電力の夕方のピークタイムは18時〜19時、と聞いていたこと。 僕らの開演は19時。迷惑をかける時間帯ではないはず、という一点でした。

そういうわけで、世間のかなりの方々の常識に反して上演を決行してまったこのステージに関しても 、中止した4ステージと同じ対応をさせていただきます。また、それ以外のステージのキャンセルに関しても、地震由来の交通機関の事情などに関しての場合は ご相談ください。

そこで。
ここで、払い戻し方法のご提案です。

そもそもキャラメルボックスは、通常時からキャンセル・日時変更を承っております。 通常時は、日時変更は手数料無し、キャンセル(自己都合)は規定のキャンセル手数料をいただく、 ということにしております。
が、今のこの状況で、災害が理由か自己都合かはお互いに判別しづらいところがあります。 ですので、下記のようにさせていただきたいと思います。

(1)日時変更(次回・次々公演への変更も可)
……手数料はいただきません。

(2)寄付金へ
……東北関東大震災への義援金に振り替えさせていただきます。当然手数料はいただきません。

(3)キャンセルA
……震災関連のなんらかの事情の場合は全額返金させていただきます。
電話・メールでお手続きいただいた後、該当チケットをお送りいただきます。
その後、郵便局の払出証書をお客様のご住所宛にお送りしますので、 お近くの郵便局で換金をお願いします。
自己都合の場合は、規定のキャンセル手数料をいただいた上で、 同じく、払出証書をお送りさせていただきます。
(※手続きの都合上、お振り込みではなく払出証書にてお返しさせていただきます。ご了承ください)

(4)キャンセルB
……「キャンセルしたらキャラメルボックスが大変そうだから、払い戻しは遠慮しようかなと思っていた」という皆様。
それはあまりにも心苦しゅうございます。
もちろん、キャラメルボックスの経営が、今、未曾有の危機にさらされていることは確かです。
しかし、やはり、僕らはまだ「寄付」をされる立場ではないと思いますので、 このご提案をさせてください。

キャラメルボックスの未来にあなたの希望を懸けてくださる皆様。
キャンセル分のチケット代を、キャラメルボックスの金券「プリペイドチケット」で お返しさせていただけませんでしょうか。
「プリペイドチケット」とは、次回公演以降、当日券やグッズ購入に使用できるものです。

正直なところ、全てのご来場いただけなかったお客さまひとりひとりを追いかけてお金をお返ししたい気持ちはあるのですが、お金以上に、時間がありません。
できましたら、これはもう「キャラメルボックス債」みたいなもので、 僕の力が足りず劇団が無くなってしまったら紙くずになってしまうものではありますが、 ただ寄付してしまうくらいなら、是非この方法を選択していただきたいと思います。 復活のための目標や励みになりますので。 是非、これからのキャラメルボックスにあなたの力を貸してください。

お手数ですが、手続きは、キャラメルボックスの電話またはメールにて承ります。

=== お手続き方法 ===

■電話
ご希望のお手続き方法をお伝えください。
元のチケットの内容をお伺いしますのでご準備ください。

03-5342-0220(12:00〜18:00 日祝休み)

■メール
お手数ですが、下記の内容をsupport@caramelbox.com 宛にお送りください。

・ご希望の手続きをお選びください。

(1)日時変更
(2)義援金
(3)キャンセルA[払出証書での返金]
(4)キャンセルB[プリペイドチケット]

・お名前 ・お電話番号
・キャラメルボックスのID番号(おわかりになれば)
・お持ちのチケットの日時
・座席番号
・ご予約(お求め)の方法
・日時変更の場合は、ご希望の公演と日時
・キャンセルの場合は、ご住所(IDをお持ちでない方のみ)

★すでに手続きをお済ませの方へ
すでにキャンセルの手続きをお済ませの方で、もし手続きの変更をご希望の場合には、 恐れ入りますが、事務手続きの都合上、4月13日(水)までにご連絡をお願いします。 なお、ご連絡の際には、一度手続きを完了させている旨をお伝えください。