劇集団キャラメルボックスについて

キャラメルボックス・ホームページにお出でくださり、ありがとうございます。
プロデューサーの加藤昌史と申します。

私たち演劇集団キャラメルボックスは、1985年に、早稲田大学の学生演劇サークル「てあとろ50'」出身の成井豊、加藤昌史、真柴あずき、らを中心に結成された劇団です。結成当初は、いわゆる「社会人劇団」として週末だけ練習をして年に2回春と秋に公演する、という活動をしていたのですが、結成3年目で「プロになろう!」と決意して練習回数を増やして年間3〜4公演、というハイペースで公演を行うようになりました。

その後、1990年12月には観客動員が1万人を突破。と同時に、それまで活動の拠点だった新宿の小劇場シアターモリエールから、シアターアプル、紀伊国屋ホールなどの中劇場に進出。

1993年夏には、早くも2万人を突破。
1994年春には、JR東日本からの依頼で東北新幹線を使って上野から岩手まで一泊二日で往復する特大シアターイベント「シアターエクスプレス」を成功させ、ニュースやワイドショーでも取り上げられました。

1995年には、劇団員の上川隆也が突如抜擢されて主演したNHKのドラマ『大地の子』が大ヒット。その後、上川は様々な方面で活躍するようになりましたが、「劇団員」として「年に1度は舞台に」と仕事の調整をしている模様です。

1996年春に、3万人を突破。いよいよ、中劇場でロングラン、という体制が整ってきました。
1998年夏に、もう4万人を突破。春の公演からほぼ1年中休みなく、稽古と本番を繰り返しながらクリスマスを迎える、というのが、私たちの1年間、というパターンが確立してきました。

この劇団の基本方針は、作・演出を担当する成井豊の作品を上演する、ということ。
ですが、1993年から、創立メンバーである真柴あずきも、脚本を執筆するようになり、
現在では成井と真柴の合同作品が主流となってきています。

劇団員の数は、俳優が25人前後。「劇団員は20人が限界」というのが演出家としての成井のポリシーで、長期休団の劇団員などを除くと、だいたい一公演につき20人が関わって作品を創っている、と言えます。

主な劇団員は、男優では西川浩幸、上川隆也、近江谷太朗、岡田達也、大内厚雄、などが、最近ではメインで活躍しています。また、女優では大森美紀子、坂口理恵、岡田さつき、などのベテラン陣に加え、若手も次々とデビューしています。

キャラメルボックスの舞台制作の基本は、「みんなで創る」ということ。
そしてまた、「1ステージ入魂」。

ですから、一公演でのステージ数は50ステージ強が限界、というのがここのところのキャラメルボックスです。
作風は、「エンターテインメント・ファンタジー」が基調。息もつかせぬスピーディーな展開、観ている人を絶対に飽きさせない快調なテンポのセリフ。ミュージカル並に音楽を重視した演出。手に汗握るクライマックス。大きなカタルシスをもたらす、ハッピーエンドのラストシーン(“ハッピー”と言い切れない場合もありますが)。「笑って、緊張して、興奮して、感動して、泣ける」芝居が、キャラメルボックスです。

いらしてくださるお客さんは、アンケートの集計結果によると、男女比は3:7。
20代の社会人の方が半数以上を占めています。次に、学生さん。次に、30代の方。とは言っても、下は小学生から、上は60代の方々まで、バラエティーに富んだ顔ぶれの客席、というのも、キャラメルボックスならではと言えるかもしれません。

また、キャラメルボックスの変わったところは、劇団と役者は、一切の契約関係が無く、演出家との信頼関係だけで1年間の活動をどうするかを決めていく、という点かもしれません。そうして作られた「演劇集団」をプロデュースするのが、私が代表を務める「株式会社ネビュラプロジェクト」。劇作と製作をすっきりと分けることで、大量の公演数と動員数をスムーズにこなしていっている、と言えるかもしれません。

ちなみに、株式会社ネビュラプロジェクトは、社員数約35人。演劇集団キャラメルボックスはもちろんのこと、京都の劇団「劇団M.O.P.」の製作や、TEAM発砲B-ZIN、ランニングシアターダッシュ、などの劇団の制作協力も行っています。

また、キャラメルボックスには「ファンクラブ」は存在しません。「ファン」を利用して儲けよう、という考えが、私たちにはないからです。
それに
替るものとして「キャラメルボックス・サポーターズ・クラブ」があります。年間2,000円の「応援費」だけをいただいて、世間で言う「ファンクラブ」以上のサービスを行うかわりに、私たちからのお願いも聞いていただく、という「劇団とお客さんの対等な関係」を目指しています。

キャラメルボックスでお断りしていることは数々あります。

  1. 「入り待ち」「出待ち」はしないでください。
  2. 上演中のおしゃべりはやめてください。
  3. 劇場内では携帯電話などの電源を切ってください。
  4. カーテンコールで役者に花束やプレゼントを直接手渡すのはやめてください。
  5. 客席内での写真、ビデオの撮影、録音などはやめてください。

などなど、「あたりまえ」なことを、徹底してお願いしています。
そのかわり、サポーターズ・クラブの皆さんへのサービスは、徹底しています。

  1. 独自開発の自動予約コンピュータ<GON>による、24時間の電話先行予約システム
  2. インターネット経由で24時間予約ができる、独自開発のインターネット予約システム「i-Gon
  3. 公演ごとのご案内「ハテナ気象台」の郵送
  4. どうしても行かれなくなった、などの場合のための「キャンセルシステム」

などなど、挙げはじめたらきりがないほどです。

そんな、頑固だけど徹底的に明るい劇団。それが、キャラメルボックスです。どんな経緯でこのホームページにご来場(?)になったのかはわかりませんが、是非、これだけは申し上げておきたいのが、「ナマを観に来てください!!」ということです。

テレビやビデオでもキャラメルボックスの作品は観ることができます。それらは、私たちが自ら撮影、編集までを行ったものがほとんどです。ですが、あえて申し上げますが、ナマの舞台を100としたら、映像は2ぐらいなものです。

全身全霊でがんばっている役者達、そしてそれを見守る何百人というお客さん達が創り出す、なんとも形容しがたい不思議な空間。それが、劇場です。そして、キャラメルボックスです。

春から冬まで1年中、ほとんど公演をやっていますので、是非一度、ご来場になってみてください。
僕は、だいたい必ずロビーにおりますし、開演前に舞台でしゃべっていたりすることもあります。その際、「ホームページを見たよ」と一言声をかけていただいたりすると、とってもうれしいです。

では、劇場でお会いしましょう!!
僕らはいつでもそこにいます。

[written by Masafumi Katoh@Caramelbox Producer]

先頭に戻る▲
ャラメルボックス・ホームページとは

この「キャラメルボックス・ホームページ」の誕生は、元を正せば1995年の8月に遡ります。
その前年、とある企業のページの一部を借りて細々とできあがっていた「キャラメルボックス・ホームページ」を見た現・ウェブマスターの増田さん(いまだに、劇団員でも、社員でも、スタッフでもなく、1サポーターとしての立場を崩さない某コンピュータ関連会社で、お勤めのカワイイ奥さんをお持ちの、コアラ系の方)から、「僕に作らせなさい」というメールが届きました。

当時は、まだ「インターネット」などというものはこの世の中で全く認知されていませんでした。なんていっても、当時の最速モデムのスピードは14,400bps。僕のMacには、9,600bpsのモデムしかついていなかった、という頃です。まさか、ISDNやPHSで64kbps、とか、そんなものが出てくるなんて、誰も想像だにしませんでした。

なんですが、増田さんが作ってきてくださったホームページが、あまりにカッコよく、美しく、ステキだったため(今思えば、全然そんなことないんだけど……増田・談)、僕らはなんと「キャラメルボックス・ホームページ」の制作をまるまる増田さんにお任せしてしまったのです。……その後にこんなことになるんだったら、ちゃんと自分たちのところで人材を育てておくべきだったかも。

当時は、増田さん個人の「ベッコアメ・インターネット」のアドレスを使ったページで運営しておりましたが、1998年8月、ホームページの3周年にあわせて、ついに独自ドメイン「caramelbox.com」を取得。本来だったら、このへんで自社で管理すりゃぁいいものを、自分の名前の劇団のホームページでありながら、なんとウェブマスター(ホームページ作りの総責任者)は、やはり増田さんのまま。その後も、ずっと増田さんのご厚意に甘えっぱなしな、caramelbox.comです。あ、せめてもの気持ちで、公演パンフレットにはお名前を載せさせていただいておりますが……。

というわけで、ベッコアメ時代に僕が「キャラメルボックス速報のページ」を、やはりベッコアメで開始。その後、caramelbox.comスタートとほぼ時を同じくして、なんと独自ドメイン「katoh-masafumi.com」を取得!!……まともに更新しておりません……。そして、劇団員である細見大輔が「hosomi.com」と「chochomi.com」を。細見の陰謀で、次から次へと劇団員が自分のページを持つ(持たされる)ようになってきてしまいました。

また、サポーターの皆さんが、それぞれキャラメルボックスにまつわる個人ページを作ってくださるようにもなってきました。

基本的に、このcaramelbox.comは「これだけでキャラメルボックスのことがほとんどわかる」というページにしたい、と考えています。が、しかし、なんと言っても演劇の醍醐味は「ナマ」。ナマのキャラメルボックスの舞台をご覧いただき、その補完をするのがこのページ、と思っていただくと一番いいかな、と思っています。

キャラメルボックスに関する情報は、このホームページが最新です。が、他に役者達の様々なエッセイなどは、オンライン新聞「CARAMELBOX PRESS」や、年鑑の「キャラメルボックス公式ハンドブック」などに掲載されています。それらとこのcaramelbox.comの内容とは、できるだけかぶらないようにやっているつもりです。

ですので、caramelbox.com以上にもっともっとキャラメルボックスのことを知りたい、という方は、是非キャラメルボックスの著作物などにも目を通していただきたい、と思います。

さて。
そんなわけで、
「サポーターが作る、劇団の公式ページ」という性格を持ったこのcaramelbox.com。ですので、掲示板などの管理も増田さんがやってくださっていて、たとえば「不適切な書き込み」があった場合の削除や移動なども、「劇団の公式見解」としてではなく、「サポーターとしての自覚を持った増田さん」の判断にお任せしています。

これも、僕がやったら、気に入らない発言(?)を全部削除、とかやっちゃう危険性がありますので(ありませんが)、いいスタンスだな、と思っています。

ですので、ホームページへのご意見などは、「サポーターどうし」という視点で、増田さん宛にお送りください。できたら、というか、できるだけ、励ましのメールを増田さんへっ!! そして、僕には苦情を……っ!!
つまり、劇団のやっていること(公演、グッズ、テレビなど)に対してのご意見を増田さんに送っても、僕に回送されてくるだけですので、是非、直接katoh@caramelbox.com、または「お問い合わせ先」をご確認いただき、それぞれの担当の宛て先までお送りください。

これからも、「楽しく役に立つ元気なホームページ」を目指して、いろんな企画をやっていきたいと思います。是非、ご意見ご感想など、お寄せくださいっ!!

[written by Masafumi Katoh@Caramelbox Producer]

先頭に戻る▲